RE・ホーム こんにちは

岩手県北上市 RE・ホームアフターメンテナンス担当者によるひとり言。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/03/31

招かざる訪問者

 雪や寒さの被害はなかったか訪問しましたが、ありがたいことに何もありませんでした。しかしこれから暖かくなるにつれ別な問題が出てきそうです。

もともと雑木林があったところを住宅地にした場所で、今でも木や草地が残っています。それでなのか「虫」が家の中に入ってくるとのこと。

「1年目はゴキちゃんがいたんだよ~。オレ初めて見たよ。」
でもそれ以来だそうですが、ゲジゲジだかムカデだかはしょっちゅう入ってくるそうです。ほぼ1年中クモはいるようです。
カメムシもいたそうです。トンボや蝶くらいならまだしも、どうも虫は…。

虫ってなぜか入ってくるんですよね。ちょっと窓を開けると狙ったように蝿が入ってきたりして…。
それも自然の豊さからきているのでしょうけれど。

ご主人の頼もしい言葉「今度はどんな虫が出てくるか楽しみです♪」
…私も楽しみです。  ( ^_^;)
スポンサーサイト

2006/03/30

高齢者施設の現状

 カーテンの依頼を受け採寸と種類を選んでいただくために訪問しました。同時に、ケア部門の方でレンタルしているベッドの手すりもほしいとのことで、ケア部門の新田さんにも同行してもらいました。

ひととおり終わり、ジュースを飲みながら雑談してそのうち「高齢者施設」の話になりました。

 そこのおばあちゃんは、身体機能が弱くなり、施設に一時入所したことがあるそうなのですが、食事どき、いろいろなおかずをごちゃ混ぜにして口に入れられたそうです。常にシャンとしてプライドもあるおばあちゃんは、すぐに出てきたそうです。

ヘルパーの資格もある新田さんも言います。
「そうなんですよね。結局時間も人員も足りないからこんなやり方しかできないんですよ。本当はやさしくしたいのに。それが嫌で今この仕事してるんですけどね。」

 入浴の際は洗髪するのに頭の真上からシャンプーやらお湯を浴びせられたそうで、もう人間ではなく「物」の扱いだと、その息子さん夫婦は言います。

 たしか消費税を導入するとき、「高齢者対策」でだったような気がしますが…。
状況も年々変わるのでしょうが、以前より良くなっているのでしょうか?
「現場の声」をちゃんと聞いていますか?政府の方々!

2006/03/29

おばあちゃんの味

 おばあちゃん一人暮らしのところへ訪問しました。
「ちょうど煮物ができたところだから味見してって」と上がらせていただきました。
早速その煮物が出てきました。ダイコン、ニンジン、しめじ、などの具に黒ごまが入り、味付けベースに酢とごま油を使っています。
「テレビでね、この作り方やってたのよ。この白いしめじ、血液にいいんだってよ。それに酢とごま油も。ね、おいしいでしょ?どうせ私一人だからもっと食べてって。」

 毎回いろいろご馳走になります。
テレビで「バナナが体に良い」と放送するとその日はバナナが出てきます。「黒砂糖はね、体にいいんだってよ。」と黒砂糖のかたまりも頂きました。「この緑茶の葉を粉にしてお湯を入れてお茶っ葉まで飲むといいんだってよ。」と濃い緑のお茶も頂きました。柿、アーモンド、コーヒーなどなどもご馳走になりました。

 テレビを見る度チラシの裏を利用したメモ用紙にびっしりと書き込まれ、何冊ものメモの束があります。高齢でもお元気なのは、体に良い食べ物を食べているから、
というのもあるのでしょうが、結果的にまんべんなく多くの食材を取り、テレビの内容に興味を持ち書きとめる、ニュースもよく聞いていて、社会に関わろうとしているから…だと思います。

 さすがに耳が遠くなったり腰痛が出てきたりしてますが、おじゃまする度、パワーをもらってきています。

2006/03/28

家 VS 紫外線

 新築工事をして12年のそのお住まいは日当たり良好で、南・西面にぐるりと縁側のある間取りです。広いテラス戸にカーテンを取り付けているのですが、日にさらされて色褪せてしまいました。

白いレースのカーテンは黄ばんでしまい、クリーニングしてもきれいにならないから、新しいのを取り付けたい、とのことで来週見本帳を持ってまたおじゃますることになりました。

網戸もボロボロになったので息子さんが自分でネットを張ったそうです。

 やはり10年経つとそれだけ古くなるわけで、雨や風の影響も受け、継続して見ていると一番の劣化の原因は紫外線ですね。お肌の大敵は住まいの大敵でもあるのです…。

2006/03/27

タバコ一本、火事の元!!

屋根工事をしたお客様へ訪問しました。
ここのお父さんは身体にマヒがあり、一昨年手すり取付工事もしました。通路の必要な個所に手すりを取り付けたので、一人でトイレに行けるようになりましたが、走るとか飛び越えるなどはできません。

そんな状態のところ、1週間前お隣りさんで火事があったとのこと。
幸い発見が早く、内部が少し燃えただけで、周りに燃え移ることはありませんでした。
原因はタバコの火の不始末だったそうです。
このお隣りさんは男性の一人暮らしで、室内はゴミだらけだったそうで、あと少し発見が遅れれば爆発的に燃えただろうということでした。

お母さんの怒りは相当なもので、自分は素早く逃げられるけど、
お父さんはそんな早く逃げられないでしょ!火がうちまで来てたらどうなっていたか…と。

ご近所の奥様方や近くに住む弟さんがいち早く飛んで来られたようですが、尊い命や大切な思い出の品を一瞬にして奪ってしまう火事は、本当に怖いと思います。

2006/03/16

平成18年豪雪被害・・・

今年の冬は43年ぶりの記録的な大雪となり、「平成18年豪雪」と命名されました。
日本各地で雪や寒さによる被害が続出し、ここ岩手でも雪の影響が少なからずありました。

そろそろ住まいの状態はどうかなぁ?と「豪雪見舞い」巡回中ですが、
続々と「豪雪被害」が出てきています。
一番多いのが雨樋の破損。テラス屋根やカーポートの破損もありました。

冬真っ最中のころは、屋根に積もった大きな雪の塊が落ちて暖房ボイラーが地震と勘違いして止まったことがありました。

まだ屋根に雪(というか氷)が残っている状態で、忍者のように背中を外壁にこすりながら横歩きをしてボイラーのところまで行き、へっぴり腰でボイラーのカバーを開け、耐震装置解除をしました。
本人は冷や汗ものでしたが他から見ると随分マヌケ顔だったと思います。

まだ「豪雪被害」は出てきそうです。
雪で泣かされた分、春の花々で癒されるといいですね。
桜の開花が待ち遠しい…。

ホーム

Home

 

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ひとり言

Author:ひとり言
 岩手県北上市にあるRE・ホームに入社以来、十数年間アフターメンテナンスを担当。
 新築・増改築のお客さんはもちろん、全てのお客さんに逢いに行きます。雪の日も雨の日も、はしごを上り屋根の上から、床下まで・・・
アフターメンテナンス担当者から見た目線で語ります。

カレンダー

02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。