RE・ホーム こんにちは

岩手県北上市 RE・ホームアフターメンテナンス担当者によるひとり言。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/05/31

開けっぱなしのロールスクリーン

 お引渡し後半年点検でおじゃましました。
特に不備もなく快適に過ごされているご様子で一安心。

窓の点検をしているとき、上の方に長いヒモが横に長く取り付けてあります。「なんだろ?」その先を目でたどっていくとロールスクリーンの操作コードにつながっていて観葉植物のツルが巻き付いていました。

「かわいい花が咲いてるから買ったんだけど、まさかツルが伸びるとは思わなかったのす。」
そうですか。でも1ヶ所ロールスクリーンが操作できなくて開けっぱなしですねー。
「ハハハ…、ま、仕方ないね。」

せっかくここまで成長したし、はずすのも可哀相で…と植物にも優しいお母さんでした。
スポンサーサイト

2006/05/30

朝1の電話

 朝、1本の救いを求める電話が来ました。
「お願いがあるんだけど…。洗面台に物を落としちゃったのよ~!」

何か重い物を落としてヒビでも入ったのか、とよく聞くと「実はね、鏡を見ながら付けようとしてピアス落としちゃったのよ。あっという間に排水口の中に入っちゃって…。娘からもらった大切なピアスだから、もし途中で引っかかっていたら取ってほしいんだけど。お願いできる?」

早速その日の午後1番で設備担当に行ってもらいました。
結果はOK。排水トラップにありました。すぐに電話がきて「ありがとう!!助かりました~!!おかげさまでした」と嬉しい声。
良かったですねー。私も嬉しくなりました。

2006/05/29

保険

 雪害による雨樋修理、経年劣化による外壁補修と塗装工事が終わり、
笑顔のお施主様へおじゃましました。

 「RE・ホームに依頼していただいてありがとうございます。」と礼を述べたところ「いいえ、こちらこそありがたかった。雨樋補修に保険が使えるなんて思ってもみなかったから、あなたから言われなきゃそのままだった」とのお返事。

ここ数年、あらゆる場所で自然災害が発生しています。地震、台風、大雪…。
数年前の地震のときも、大きな被害はなかったものの、古い家では土壁が剥がれたところもありました。その際、火災保険で地震特約を付けたところでは保険が適用されたんですよ。

「備えあれば憂いなし」ですね。もう一度自宅の保険、確認されてみては…?

2006/05/27

黄色い車

 先週は盛岡までアフターに行き、今日は北上から花巻へ、そして前沢まで直行という強行突破で活動しました。混む道路は避けて、いわゆる「ウラ道」を走って行くわけですが、その際お客様や業者さんや友人とけっこうすれ違っているようです。

後から必ず言われるのが「手を振ったのに気づいてくれなかった。」…です。すみません…。よほど特徴のある車なら見ますが、ほとんど対向車は見てません。

目立つ黄色の車に乗っているので相手はすぐ気づくようなんですが、本当にごめんなさい、私は気づきません。もしも「無視された」と思っている方がいましたら、それは「無視」では決してありません。本当です。この場を借りてお詫びします。

変なひとり言になってしまいましたネ。

2006/05/27

見上げてばかり

 今日は上を見上げてばかりでした。

午前中は屋根の点検で、午後はテラス補修の手伝いで、ずーーーーっと見上げっぱなしで首が疲れました。

 同じ体勢はつらいものがありますね…。

2006/05/17

20060517

 昨年増改築工事をしたお客様へ、1年点検におじゃましました。

昨年の工事中に、畑のチューリップがとてもみごとだったので、今年も見たくてあえてこの日を選びました。
近所の方や親戚も毎年花見に来るというチューリップ畑は、奥様が毎年一人で掘り返し肥料を入れまた植えるという大変な作業の結果、毎年きれいに咲くのでした。
「趣味だから」と言いますがとても私には出来ないですねえ。

花見団子までご馳走になってしまってほんとにありがとうございました。また見に行きまーす♪

2006/05/16

雷雨とともに・・・

 昼すぎからカーラジオに雑音が入り、どこかで雷が鳴っているなーとは思っていましたが、来ました来ました。北方向で雨が降り始めたのでまだ雲が明るい現場へ確認に行きました。塗装工事なので雨が降るとできません。

到着した途端、どっさりと…本当にドーンと雨が降ってきました。おまけに雷が「ドッカーン、ゴロゴロ」と鳴り始めました。光るわ鳴るわ降るわで、職人さんから「なんだあー?雨と雷連れてきたな?」と言われてしまいました。

ちなみに私は6月生まれで、生まれたときは梅雨の真っ最中。オムツなどの洗濯物が乾かず母親泣かせだったようです…。

2006/05/11

薄っぺらではない人間への一歩

 工事後のアフターでおじゃまし、お茶をご馳走になりました。
その方は博識な方で、歴代の首相や知事の名前、更にどこの出身でどのような功績を残したかなど次々と出てくるような方で、前日にも宮城の博物館まで行ってシルクロードにまつわる展示品を見学してきたそうです。

 バスの中で案内係の人を質問攻めにし、博物館ではネックレスの宝石が何かを逆に教えたりしたそうで、「説明が薄っぺらなのよね、もっと深く知りたいのに私の方が知ってたわよー」などと言いきりました。

 ひとつの展示品をさらっと見て通り過ぎるのではなく、素材、時代背景、作者を深く理解しようとしているのでした。専門家しか読まないような書物を読みこなし、美術品や工芸品の作者を言い当て、本物を見る目を常に磨いている…。

 話を聞いててなんだか口惜しくなってきました。その方にではなく自分にです。
私もいろんな物を見たり聞いたりしてきましたが、こんなに掘り下げて知ろうとしなかったなあ…。
私も薄っぺらな人間だなあ…。これからは少しは物の見方が変わってくるかな?

2006/05/10

ありがとうございました。

 今年の豪雪で破損した雨樋修理のため、職人さんと共に訪問しました。
それぞれ個性的な住まいのあるその一画は全てRE・ホームで建てたところです。
その中の隣りどうしになっている2軒を同日に補修工事をしていました。

「ここもお願いね。」などと指示しているところへ北隣りのご主人が顔を見せ、「ウチも見てもらえるかな?」と話しかけてきました。はしごから降りてきた職人さんを呼び、北隣りのお宅へ行き点検すると、金具が破損していてその日のうちには補修できないため後日ということになりました。

 工事が終わったのは夕方の6時30分を過ぎ、暗くなり始めていたころでした。
「こんな時間までご苦労様。お茶も出さないでごめんなさいね。」とねぎらっていただきましたが、喜んでいただいたのが何よりのご馳走です。
こちらこそ遅くなってしまってスミマセンでした。
そして何だりかんだり要望を聞いて遅くまで工事していただいた職人さん、ありがとうございました。またよろしくお願いします。

2006/05/08

雨の音

 北上も桜が咲き、じっとしていられないタチの私は、桜の名所「北上展勝地」へ行ってきました。
桜のトンネルを歩き、ほんのりと香る桜を楽しみながら(場所によってはヤキソバやお酒のニオイがしましたが)そのまま民族村へと進みました。

 資料館を出て坂道を歩いていると雨が降りだし、一番近い古民家へ飛び込みました。
広い土間、太い柱や梁、独特の匂い…。静かなひととき。外は大降りなのに中はとても静か。
そう、屋根からの雨音がしないんです!
そっかあ~、萱葺き屋根って雨音がしないんだ、などと考えているうち、新築したお客様の言葉を思い出しました。

「雨が降ってもさあ、気が付かないんだよね。音がしないから。ドア開けて初めて雨降ってるってわかるんだよ。」

「空港が近いからうるさいかなって思ったけど、ほとんど気にならないのよ。窓閉めてると外の音が入ってこないのよね。」

断熱性能が良いということはつまり防音効果も良いということで、こういうのって実際に住んでみて実感できるんですよね。

雨もあがり、次の古民家へ、そしてチャボ(?)のコッコちゃんに会いに濡れた歩道を歩き始めました。

ホーム

Home

 

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ひとり言

Author:ひとり言
 岩手県北上市にあるRE・ホームに入社以来、十数年間アフターメンテナンスを担当。
 新築・増改築のお客さんはもちろん、全てのお客さんに逢いに行きます。雪の日も雨の日も、はしごを上り屋根の上から、床下まで・・・
アフターメンテナンス担当者から見た目線で語ります。

カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。