RE・ホーム こんにちは

岩手県北上市 RE・ホームアフターメンテナンス担当者によるひとり言。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/03/28

ありがとうございます。

20070328

皆さんに「RE・ホームのホームページ見てね~♪」と言ってましたので、友人・知人・お客様から「見たよ~!!」と声を掛けて頂くことがあります。
知人は「すていきとろいか」さんへ行って「雰囲気よがったー」と感想を言ってくれました。
先日はAgo親父さん、ひとり言へのコメントありがとうございました。嬉しかった…♪そして1年点検ではお時間いただきましてありがとうございました。もう1年経ってしまったのですね。時々またおじゃましたいと思います。
ホームページ、ひとり言の顔写真を見る度「もっと若かったら…」とか「美人だったら…」と愚痴を言っちまいそうになりますが、しょうがない、中身で勝負だ!ということでもっともっと見て楽しくお役に立つ内容にしていこうと思います。(^^)v
スポンサーサイト

2007/03/27

20070327

台所改修の打ち合わせでおじゃまし、シンクやガスレンジの位置の話になったとき「そういえば…」と話し始めた内容…。

外は雷が鳴っていました。食事の仕度のためシンクの前に立ち、包丁を持ってまな板に向かおうとしたそのとき、ビリッ!
なんと近くに雷が落ちたらしく、感電したそうです。

屋内にいて感電なんてあまり聞いたことがないようですが、実は地面に落ちた電流が水道配管などを伝わって感電する場合がまれにあります。
屋外にいて直接感電するわけではありませんから大袈裟に騒ぎ立てることでもないのですが。
では屋内にいてすぐ近くで雷が発生しているときどうしたら良いかというと…
○電灯線・電話線と、それにつながる全ての電気器具や有線の電話などから必ず1m以上離れる。
○ガス管・水道管やガス栓・蛇口から1m以上離れる。
○柱・壁・天井から1m以上離れる。
ということなので、炊事、洗濯、入浴はできればやめた方が良いですね。
地震・雷・火事・おやじ…とはよく言いますが、どうぞ皆様、お気を付け下さい。

2007/03/21

歩道

20070321

メーカー対応補修の確認のためお邪魔しようとインターホンを押したところ、娘さんの声で「どちら様ですか~?」 名前を告げると奥の方でお母さんと話している様子。
「今行きますけどちょっと待って下さ~い。」とまた可愛い声。
ほどなくして奥様が出てきて、目的の話をすることができました。
「まだ小さいのに娘さん、しっかりしてますねえ。これからどんどんお母さんのお手伝いしてくれそうですねー。」なんて話をしてて、今度小学校に入学という事を聞いてびっくり!

そうか、もうそんな年齢になってたんだ。確かにそうだ。私の感覚ではまだ先だったんですが。
今度は歩いて学校に行くようになりますね。少し距離はありますが、頑張って通ってね。

とは言ったものの、国道4号線を横切らないといけないし、そこまで行くのに歩道がない。
4号線から先はかなりの交通量。スピードを出して走る車の多いこと。
ある程度整備されている道路もありますが、こうして見るといかに車中心に考えられた道路かというのが歩行者の立場になるとよくわかります。どんどん新しい道路ができて時間短縮もできるようになりました。でも歩くには危険なところが多いですね。

行政の方にはそこのところ考えていただきたいものです。

そして、車の方は歩行者にやさしい運転して下さいね。

2007/03/16

おじいちゃんの秘密

20070316


事務所から「Kさんが連絡ほしいそうです」との電話を受け、すぐに電話しました。

「床がなんか冷えてきたと思ったら、暖房が止まってて…。じいさんがボイラーのあたりを雪払いしてたから、何かぶつけたんじゃないかと思ってさ。」とおばあちゃん。早速駆け付けインターホンを押すと、ニヤリと笑ったおじいちゃんが出てきました。
「さっきボイラー見たっけば、コンセント抜けてだったじゃ。」
どうやら雪かきをしたときに暖房ボイラーの電源を抜いてしまったようでした。プラグを差し込んでも作動してないようなので中に上がらせてもらい、リモコンのスイッチを再度入れ直し、時間と温度設定をしてまたボイラーの様子を見ていたら、しばらくして作動始めました。

おじいちゃんはコンセントの件を黙ってたらしく、おばあちゃんに原因を話すと
「あやっ! んだったの? なんたらよー、わざわざ来てもらってもさげねー。」と恐縮してました。

いえいえ、そんなことはないですよ。たまにあるんです。コンセントから抜けてたり、ブレーカー下がってたり、灯油なくなってたり…。それにしてもおじいちゃんの顔、“悪いことしちゃった”ときの男の子みたいな表情してましたっけ。

2007/03/15

融雪ヒーター

20070315


 今年の冬はあまり出番がなかったのですが、久し振りのまとまった雪で活躍してくれた「融雪ヒーター」。従来は電気やボイラーの熱だけで雪を溶かしていたのを、遠赤外線素子を利用することでランニングコストが30~50%節約できるというスグレモノです。

 ブロック塀やインターロッキング工事をする際に同時にロードヒーターシステムも施工したお宅へ状況確認も兼ねて訪問しました。その日はまだ一歩も外へ出ていないとのことでしたが、道路から玄関まで雪はなく、足元を気にせず歩くことができました。

 これまでにも屋根からの落雪対策に設置した融雪ルーフヒーターや、車椅子を使用している方にも融雪ロードヒーターの施工をしてきました。
昨年の大雪だった冬場に訪問した際、その車椅子の方は「家周りを車椅子で動けるからよ、やっぱ便利だな。」と喜んでいました。

2007/03/14

田んぼ道

20070314

 このまま雪がないままに過ぎていくのかと思っていたら、どーんと降りましたね。猛吹雪になったと思えば太陽が照って雪を溶かしたり、道路状態は最悪でした。
 周りが田んぼの市道を走っていたとき、カーブの先に軽自動車とトラクターが道路をふさいでいるのが見え、急停車しました。どうやら田んぼに落ちた軽自動車をトラクターが引き上げたようでした。

 それを見て十数年前の出来事を思い出してしまったことがあるのですが…。

いつも通る道を走行していたら工事中で迂回しなければならず、ちょうど前方を走っていた車の後を追いかけました。田んぼのあぜ道のようで舗装もされていない細い道路でしたが、その先には民家があり、迂回路ではないと気付いた私はバックで戻ろうとして…

「あららららら!!」

目の前にはキレイな青空。そうです。バックで田んぼに突っ込んだのです。そのころは携帯電話もなく、すぐ近くの民家に電話を借りようとおじゃましたら、そこのお父さんが気の毒がってトラクターでいとも簡単に引き上げて下さいました。
トラクター万歳、お父さんありがとう、もう二度と田んぼに落ちません。

2007/03/05

黄色

20070305

 道路端に車を停め、用事が終わって車に乗ろうとしたとき、ちょうど通りかかった4歳くらいの女の子とおばあちゃん。
「あーっ、黄色の自動車だあ~」「そうだねえ、黄色だねえ。」
黄色の自動車が珍しかったのでしょうか。ちょっとオモチャっぽくもありますもんね。統計的に幼児の一番好きな色は黄色だそうです。そして白、ピンクと続きます。やさしい明るい色が好きなんですね。

どこから見ても目立つ黄色の車は、交通事故遭遇率が一番低いとのこと。逆に青や濃い緑、灰色は目立たず視界的に小さく遠くに見え、事故の遭遇は高い確率だそうです。

精神的に不安定な状態にあるときや、そういう人物を明るくしたいとき黄色を利用すると良いとか。具体的にどういう方法というのは知恵をしぼって頂くしかないのですが、かわいい黄色の花をプレゼントするとか、デスクや目に入るところに黄色のヒヨコのぬいぐるみを置く…なんていかがでしょうかね。ただし、あまり黄色を使いすぎると不愉快になるそうなのでご注意を…。

2007/03/01

自然の力

20070301


十数年前、外構工事をしていた現場で、けっこう大きくて重い門扉が風に煽られたことがありました。ご主人が言うには、この辺り(花巻市湯口近辺)ではかなり強い風が吹くところで昔から「万丁目風」と呼ばれているとか。湯口に限らず花巻駅より西側という広い範囲で時々耳にします。
 周りが田んぼで隣りの家まで数十メートルという場所に建て替えをしたお客様に訪問した際、風の話になりました。昔、近所の家の屋根が風で飛ばされたことがあったそうです。また、家の西側の防風林で強風を防いでいるところが多いのですが、その木が根こそぎ風に倒されたお宅もあったそうです。粘土質の土壌で木の根っこが地中深くまで伸ばすことができないのも原因だったようです。
 そういう出来事を見て聞いてきた奥様は、建て替えの際、高く伸びきっていた木を短く切ってもらい、万が一倒れても家にぶつからないようにしてもらったので「安心できます」と喜んでました。
 その地でずっと住み続けていくために、地質や風・日当たりなどの気象状況も考慮して対応しなければなりませんね。

ホーム

Home

 

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ひとり言

Author:ひとり言
 岩手県北上市にあるRE・ホームに入社以来、十数年間アフターメンテナンスを担当。
 新築・増改築のお客さんはもちろん、全てのお客さんに逢いに行きます。雪の日も雨の日も、はしごを上り屋根の上から、床下まで・・・
アフターメンテナンス担当者から見た目線で語ります。

カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。