RE・ホーム こんにちは

岩手県北上市 RE・ホームアフターメンテナンス担当者によるひとり言。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/05/30

引渡し後半年点検でおじゃましたNさん宅。

「とっても快適に過ごしてますよ♪この間家庭訪問で先生が来たとき、子どもの話はすぐ終わって後は家の話ばっかり…。(^^)」

ダークな色を使ったちょっと民家風の板間の和室コーナーにはオモチャが点在。
子ども部屋はあるけれど、宿題などはみな和室コーナーで済ませているそうで
「この和室、まるっきり自分の部屋になってるんだよね。」だそうです。
まだ小学1年生。
みんなのいる場所が安心できるんですよね。
1階はリビングダイニング・キッチン、そして和室も障子をあければひとつの空間になっていてお母さんも家事をしながら子どもの行動を見ることができます。
広々とした部屋でノビノビと育っていくんでしょうね。
20080530
スポンサーサイト

2008/05/27

建物の構造を見たいと思っている方へ!

ただ今、北上市内で建築中の1現場がちょうど良いぐあいに断熱材や耐震パネルなど見られるような状況です。
壁でふさいでしまうとなかなか見られない構造を是非見ていただければと思います。

高性能にするためのていねいな作業も見られますよ。
優しげな大工さんがいますがお知らせいただければ現場監督が詳しく説明致します。

場所はさくら通り、北上自動車学校の北東側にあります。
わからない場合はいつでもご連絡くださいね!
20080527

2008/05/25

住宅地だけど目の前にちょっとした林があり、「別荘地」にでもいるようなたたずまいのMさん宅。
大空間の居間の南側にある土間はご主人のお気に入りです。
そのお気に入りの場所が今は、去年から家族の一員となったワンちゃんのトイレの場所になってしまったとか…。
「犬も用を足すとき、人の目を避けて端っこでやるんですね」とご主人。
いたずら好きのため日中は庭に出しているけれど、夜は中に入れてあげてちゃっかりソファーの上で寝るんだそうです。

土間(と言ってもタイル敷きですが…)のある住まいはRE・ホームでも何件か手掛けてますが、土足でそのまま中に入りお茶したり植物を置いたり自転車を手入れしたりとけっこう重宝しているようですよ。
20080525

2008/05/22

玄関ドアなどに付いているドアクローザー。
ドアを開けて決まった場所で止めたり静かに閉まるように調整されています。

それが何度も開閉するうちに調子が悪くなるときがあり、引渡し後点検でも時々調整する場合があります。

気を付けていただきたいのが、ドア枠に取り付けられているドアクローザーの金具がゆるくなっているのに気付かずそのままドアの開閉を続けてしまうこと。
一部分だけに余分な力が加わり、ドアクローザー本体やドア枠を破損させてしまう場合があります。

おじゃました際になるべく確認させていただきますが、玄関から外へ出るとき、または帰ってきてからでも時々見てくださいね。
それからドアを開けるとき変な音がしたらすぐに確認してみてください。
20080522

2008/05/13

暖房用電気温水器のON・OFFの操作がどうにも不安なTさん宅へ、毎年巡回がてら手伝っています。
今年も5月に入ってからOFFにしたのですが…。

連休が終わりしばらくしてこの寒さ。
県北では最低気温が氷点下だとか北海道で雪が降ったとか、冬に逆戻りしたような気温になりました。
夏日から一気に冬へ…。

心配になって訪問したら、エアコンの暖房を使ったけど足元が寒くて、なかなか暖まらないとのこと。
天気予報ではまだ数日寒いようなのでONにしてきました。

三寒四温とも言うけれど、こんなに気温の差が大きいと身体がついていけませんよね。
ストーブを使っているところでは、一旦しまい込んだものをまた出している…なんてことになってるのでは…。
20080513

2008/05/09

今年の4月から小学校に通い始めたTさん宅のお兄ちゃん。
2キロほどの道のりを歩いて通うため毎朝7時には家を出ているのだとか。
それは大変ですねーなどと話していたところ通路には歩道がないことに気が付きました。
途中からは立派な歩道はできているもののそこへ行くまで結構距離があり、大人でも危険だなあと感じます。

市の方へ要請しても「予算がない」とか「反対している人がいる」とのことでなかなか進まないのだそうです。
子どもがいないわけでもなく交通量が少ないわけでもないのに…。

4月から5月にかけてガソリン税問題が話題になり、道路特定財源としての税になりそうですが、流通の効率化や渋滞緩和という名目で広い道路を新しくつくっておきながら未来を担う子どもたちの生命を危険にさらさないための歩道をつくれないのかと、非常に疑問を感じました。

一般市民の声を聞いてほしい。
(特に福祉は真っ先に削減されますよね)
孫の通学を心配している若いおばあちゃんと話をしてて、今の社会の矛盾の一部を見たような気がしました。
20080509

2008/05/08

日中暑いくらいの陽気になってきました。
湿気もなく、さわやかな日が続いてますね。

それでも巡回していると、まだ暖房を切ってないという家庭があります。
朝晩少し冷えるから…というのが理由のようですが、特に高齢の方がいらっしゃるところは足元が冷えるのが嫌だと言います。
体温調整がうまくいかなくなってくるのでしょうね。
若い人が半袖でも高齢の方は重ね着しています。
逆に猛暑では熱中症を起こしやすくなります。

「バリアフリー」という言葉も今では普通に使うようになっていますが、住宅に関していえば、単に手すりがあればいいとか床がフラットであるというマニュアル的なことではなく、本人が本当に生活しやすいこと、デザインに違和感がないこと、そして温熱環境が良いことも絶対必要ではないでしょうか。

「おばあちゃんを自宅に呼び寄せたけど、真冬でも家全体が暖かいからいろいろ動き回ることができて、ああ、やっぱり良かったなあと思いました。」
と言ってくれた方もいました。
元気で居てくれるのって嬉しいですよね。
20080508

ホーム

Home

 

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ひとり言

Author:ひとり言
 岩手県北上市にあるRE・ホームに入社以来、十数年間アフターメンテナンスを担当。
 新築・増改築のお客さんはもちろん、全てのお客さんに逢いに行きます。雪の日も雨の日も、はしごを上り屋根の上から、床下まで・・・
アフターメンテナンス担当者から見た目線で語ります。

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。