RE・ホーム こんにちは

岩手県北上市 RE・ホームアフターメンテナンス担当者によるひとり言。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/06/29

ここ数年でマンションがどんどん建ってきてますね。
今まで緑の山が見えていたのにグレーやベージュの色の四角い建物で遮られたところもあります。
近代的と見るか景観悪化と見るかそれぞれだとは思いますが…。

県外にいたときマンションに住んでいたというOさん。
防音性が高い、キッズコーナーがある、留守でも宅配・郵便物などの受け取りをしてもらう等の管理をしてもらえる…など便利さが気に入って、その新しくできたマンションに住み始めたのだそうです。
でもやはり集合住宅。
防音性が高いとは言ってるものの上下両隣りの音は聞こえるしそのため夜10時以降の洗濯は禁止。
いろいろな条約があって、便利なんだけれども気を使う生活だったそうです。
転勤を機にこちらに家を建て、自分の思い描いていたイメージをカタチにして「とても良かった」と奥様。
今、車2台を停めてもまだまだ余裕のある敷地を今後どういうふうにしていくか悩みでもあり楽しみでもあり…という状況のようです。
20080629
スポンサーサイト

2008/06/26

引渡し後半年点検でおじゃましたSさん宅。
最近の住宅はライフスタイルも変わり和室が少なくなってきていますが、Sさん宅は落ち着いた和室の続き間があり、茶室もあります。
その和室は人の出入りが頻繁にあるわけではないようで引渡し直後のような新しい畳の香りがしました。
思わず「畳の香りっていいですね~」なんて言ったら奥様も「車に新車の香りなんていう芳香剤があるくらいだから、新畳の香りがあってもいいよねえ」なんて話してました。
20080626

2008/06/24

巡回訪問していると、やはり地震の話になります。
幸いどこのお宅でも被害はなくほっと胸をなで下ろしてますが、土石流がおきた被災地のあまりの凄まじさに自然の脅威を感じます。

もしもの場合の防災グッズ(水、食料、ラジオ、懐中電灯等)を常備しているか聞いたところ、あまり用意しているところはありませんでした。
ただ今回の地震でご近所づきあいがいかに大切かわかりました。
ご夫婦だけでお住まいのWさんは、地震のあった日に近所の人が心配して来てくれたと言います。
奥様も一緒に行動し、一人暮しの高齢者を中心にまわったとのこと。
「こういうときは、遠くの親戚より近くの他人よねえ。」としみじみ話してました。
20080624

2008/06/22

我が社の営業部鳥(ぶちょう)と営業課鳥(かちょう)です。
冬以外は玄関の外で、真っ先にお出迎えします。
つぶらな瞳で寄ってきますよ。
是非事務所に遊びにおいでください。
20080622

※ 指をカゴの中に入れないようにご注意を。突つかれます。

2008/06/20

浴室改修や手すり取付工事をして数年経つNさん宅へ巡回訪問しました。
いつもハツラツ元気な奥様が疲れた顔をしています。
部屋ではなく玄関風除室内のベンチに一緒に腰掛け、話しはじめました。
「うちのお父さん、どうやら認知症になりつつあるようでね、大変なのよ。」
自分で少しづつ歩け、食事もゆっくりだけど自分でできていたご主人。
だんだんと身体が動かなくなってきてはいたものの、少しだけ奥様が手をそえてあげて私から見ても「おしどり夫婦」でした。
最近ご主人が人の顔がわからなくなってきており、ショートステイに行くときもヘルパーさんの介助を嫌がるようになってきたのだそうです。
奥様と息子さんの顔はわかるようなのですが、他の親戚は全くわからず、介助するにしてもほとんどが奥様の負担になっていて
「疲れちゃってねえ、ついお父さんにあたるときあるんだよね。」
でも息子さんが出来る限り手伝ったり周りの人たちが心配してくれているのでもう一人で全部頑張ろうとしないことに決めたと最後は笑っていました。
「ごめんなさいね、愚痴いっぱい言っちゃってね。」
と言われましたが、誰かに愚痴でも何でも吐き出さないと長続きしないですものね。
20080620

2008/06/19

新築の際、日当たりの良い庭を見られるテラス戸から出られる場所に「ウッドデッキ」を設置する場合があります。
ガーデニングを楽しんだり、友人を呼んでバーベキューをしたりと庭の一部を大いに活用できるし、外観も生き生きとしてきます。
植物がきれいに映えるんですよね。

ウッドデッキの素材にも樹脂や木材などありますが、本物の木材を使用した場合定期的にメンテナンスが必要になります。
だいたい3年おきくらいに、ゴミやほこりを取り去り専用保護塗料で塗装すれば美しさがよみがえり長持ちします。

新築して13年、ウッドデッキとサンルームも設置したFさん宅も、まめに休日を利用して塗装してきました。
専用の塗料はお金もかかるからとディスカウントショップで似たような塗料を購入、塗装してみたけど次の年にはまた塗装が必要だったとか。
「やっぱり違うのねえ。金額が高いからって別のを買ったけど、長持ちしないのね。それもけっこうな値段だったから、毎年塗らなきゃない物を買うより今までの専用のを使って長持ちさせた方がお得よねえ。」

安いから粗悪品とは限りませんが、やはり「それなり」の物もあるのは事実です。
モノも住まいも「適正価格」の見極めが大切ですね。
20080619

2008/06/15

地震発生から1日経ちました。
山間部での被害が相当大きかったようですね。
時間が経つにつれ被害状況が明らかになり、心が痛みます。
被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。

今日は北上市内を中心に巡回してきましたが、物が落ちた程度で済んでいました。
いろいろ話を聞いて「落ちやすいモノ」がどういうものかがわかります。
平成15年に起きた地震のときもそうでしたが、まず無造作に積み重ねた雑誌など真っ先に崩れますね。
そして不安定に立て掛けた額縁や写真立てなども倒れます。
案外本棚にきちんと収まった本は無事でした。

そのときの地震によって南北とか東西方向で全然違う場合もありますが、飾り物でも記念品でも下に滑りにくいものを敷いただけで断然違います。
食器棚や本棚などの家具は手前の方の底の部分に厚紙などはさんでいるだけでも倒れにくくなります。
地震用の防災グッズが安価で売ってましたので絶対利用した方がいいと思います。
建物が大丈夫でも家具が倒れたら大変ですものね。
20080615

2008/06/14

6月14日午前8時43分地震発生。
県南中心に震度5~6。

思わず棚の上の落ちそうな物をおさえる。
かなり揺れる。
しかも長い。

事務所内で小さな花瓶や置物、額縁などが落ちガラスが割れるが、本や書類はほんの一部雪崩のように落ちただけで大きな被害なし。

お客様に電話しようとするも繋がらず。
スタッフで手分けして巡回開始。
私は奥州、一関をまわる。

江刺
「まあ、物が落ちて今片付けてたとこ。別に壊れた物も無いし大丈夫。」

水沢
「わざわざありがとう。なんにも壊れた物ないし、怪我なんかもないよ。」

信号待ちをしていると揺れているのがわかる。
10分おきくらいに来る。

前沢
「コケシが落ちただけ。地震のとき恐かったけど。」

前沢から一関に向かおうと国道4号線に出る。
渋滞。
高速道路閉鎖のためか。

40分かかってやっと到着。
既に12時を回り、とりあえず昼食のためファミレスへ。
余震が数回。
でも店内のお客は誰ひとり騒いだり恐がったりする人おらず。
何事もないように普通にお喋りして食事している。
(慣れちゃった?)

一関
「寝室の手元に置いてたライトが壊れちゃった。コップも食器棚の中で倒れてたけど、扉開けるの恐いから後で主人に直してもらおっかな、ウフフ。」

建物には心配はしていませんでしたが、不安定なモノが落ちたり割れたりして怪我などしていないか、それだけが心配でした。
北上市内や花巻も一部回りましたが皆様「揺れたね~!」という感想だけで何も被害はありませんでした。
ほっ…。
でも県内や宮城で死亡者や怪我人、行方不明者がいるとのこと。
やっぱり大きな地震だったのですね。
20080614

2008/06/13

Mさん宅の小学生の娘さんは学校帰りに学童を利用しています。
学童に行ってる子どもたちは、そこで宿題を済ませたり学年の違う子どもたちと遊んでいろいろ覚えたりしているようなので
「学童も考えようによっては子どもの成長にいいですよね」
なんて言ったら奥様の返事は…
「うーん、そういうのはいいんだけど…」とちょっと困った顔。
どうやら苦手な子がいるらしくお母さんとしては心配しているのだそうです。

保育所、学校、そして社会の中で一番楽しく、また一番苦労するのは「人付き合い」です。
大人になっても人間関係で悩む人は多いけれど、子どもは子どもなりにやっぱり悩みますね。
Mさんの娘さんは仲の良い友達がいるとのことでしたので大丈夫ですよ!
これからいろんな人と会っていっぱい楽しい思い出が増えていくことでしょう。
20080613

2008/06/10

Iさん宅のお父さんは自宅の南面に花や野菜を植えて毎日手入れしています。
農薬や化学肥料は一切使わず、家庭から出る残飯を肥料にしているそうです。
こうして育てた野菜はお孫さんと一緒に収穫。
もぎたてのキュウリやトマトの味は格別だと言います。

civi丸さんのお宅には畑が完成したばかりのときにもおじゃましましたが、すぱっとみごとなくらい雑草が抜かれきれいに黒土が均されていました。
毎日フルタイムでご夫婦共お仕事している中で、時間をみつけて畑をつくるなんて脱帽です。
どんどん素敵な庭になっていきますね。
楽しみです。

植物を育てるのってまめじゃないとできませんよね。
これからの季節は雑草との戦いになると思います。
私はいつもこの時期に挫折します。
(だって草取りしても次の週には同じくらい伸びてるんだもーん。虫も苦手だしー)
20080610

2008/06/09

温水器の点検のために北側(いわゆる裏側)へ行き、引戸を開けて中に入ろうとしたとき、みりみりと音がして頭に何か触った感触が…。
直径60センチほどの立派なクモの巣。
「ひええ~!!!」
全部べったりくっ付いたわけではなかったのできれいに取り払うことはできましたが久し振りにクモの巣のど真ん中に頭を突っ込んでしまいました(*O*)

クモは8時間あれば巣を完成させるそうです。
毎日掃除しても追いつきませんね。
20080609

2008/06/05

新聞にも載ってましたが、高齢者ドライバーの事故が増えているとのこと。

お施主様の中にも65歳以上で車を運転されている方がたくさんいらっしゃいます。
家族からは「危ないから運転しないで」と言われても交通機関があまり充実しているとはいえない岩手県内では、どうしても車を使わないといけない状況のようです。

65歳をだいぶ前に過ぎているTさん。
友人を乗せて信号機のない交差点を左折しようと前進したとき、目の前を大型トラックが通り過ぎボンネットをかすっていったそうです。
「あとちょっとでも出てたら完全に運転席にぶつかってた。見たつもりで右側をよく見てなかった」とTさん。
家族に散々怒られたと気落ちしてました。

話を聞いてぞっとしました。
お願いです、本当に気を付けてくださいね。
20080605

2008/06/01

20080601

ちょっとにぎやかなこの小部屋は見てのとおりトイレです。

新築の際、リビングや寝室、子ども部屋などの壁紙は無地に近い白っぽいものを選びましたが、「トイレの壁で遊んでみたい」という奥様の要望で、小さめの部屋ではあまり使わない大柄の花を描いた壁紙を使いました。
それぞれ好みはあるとは思いますが、この中に入るとちょっとした異空間…。
もうすぐ築10年になりますが、壁紙に合わせて素敵な鏡を置いたり華やかな造花を飾ってみたり、楽しんでいるようです。

たかがトイレ、されどトイレ。
充分すぎるほどの収納を取り付けたトイレあり、手の届く場所に本をたくさん置けるスペースを作ったトイレあり、しっとり和風のトイレあり…。
ほっと一息つける場所ですものね、好きな空間のひとつにしてみませんか?

ホーム

Home

 

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ひとり言

Author:ひとり言
 岩手県北上市にあるRE・ホームに入社以来、十数年間アフターメンテナンスを担当。
 新築・増改築のお客さんはもちろん、全てのお客さんに逢いに行きます。雪の日も雨の日も、はしごを上り屋根の上から、床下まで・・・
アフターメンテナンス担当者から見た目線で語ります。

カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。