RE・ホーム こんにちは

岩手県北上市 RE・ホームアフターメンテナンス担当者によるひとり言。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016/11/25

日本家屋

先日、NPO法人アクセシブル北上主催の

研修旅行へ参加してきました。

最初に見学したところは宮城県大崎市の

国指定史跡・名勝「有備館」でした。

岩出山伊達家が開設した学問所で、見事な

庭園でしたが、平成23年3月11日の大震災で

倒壊など甚大な被害があり、25年から

災害復旧工事が始まり、28年3月に完了した

ということでした。

できるだけ部材を再利用したのですが、土壁や

茅葺屋根など、現在の日本では職人も少なく

県外からも来てもらったそうです。


未来にも残しておきたい建物ですが、修復するにも

施工する職人や道具を作る職人がいなくなり、

材料も手に入らなければ、いずれは朽ちていくだけ

です。

時代とともに建物はじめ、いろいろなものが変わって

いくものですが、変わらずにいてほしいものも

ありますよね。

有備館
スポンサーサイト

≪ これからのご近所さんホーム冬に向けて ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ひとり言

Author:ひとり言
 岩手県北上市にあるRE・ホームに入社以来、十数年間アフターメンテナンスを担当。
 新築・増改築のお客さんはもちろん、全てのお客さんに逢いに行きます。雪の日も雨の日も、はしごを上り屋根の上から、床下まで・・・
アフターメンテナンス担当者から見た目線で語ります。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。